パチスロの基本は完全確率! 確率論で勝つ立ち回り

パチスロは4号機、5号機と進化を遂げていますが、小役やボーナスの抽選方式は基本的に変わっていません。

ずっと一緒です。4号機で勝つべくして勝っていた人は、5号機でも勝っていることでしょう。

パチスロの抽選方式は完全確率であり、毎回同じ確率で抽選されています。ハマリの後の大爆発や、その逆の大ハマリなどはあくまで抽選の偏りとされています。

この完全確率論こそがパチスロを攻略する時に、根本に必要な考え方であり、勝率を高めるためには不可欠なのです。つまり確率を制すれば、自然と勝てるようになる!

遠隔がなければ!笑

とまあ、遠隔とかの話はとりあえずおいときますよ。

遠隔についてはこちらをご覧くださいm(_ _)m

パチスロの基本は完全確率! 確率論で勝つ立ち回り

スロットは勝つことができます。ただし、ここで言う「勝ち」とは、けして1日単位ではありません。1ヶ月、もしくはそれ以上の期間で確実に収支をプラスにすることが、スロットで勝っているということです。

しかし、そのためには勉強することが必要になってきます。勝ちたいという気持ちだけで勝てるなら、負ける人なんていないはずですからね。

では、何を勉強すればいいのでしょう。それは、台の解析と、それを元にした立ち回り方法です。

安定して勝つためにやるべきこと

スロットで勝つためにはどうすればいいか?簡単です。機械割が高い台を打てばいいのです。高設定や、天井、チャンスゾーンを狙い打つことで安定して勝てるようになるでしょう。

高設定台を打つ

好きなスロット台を毎日打って勝ちたい!そう考えているのであれば、勝ちは少し遠ざかってしまいます。というのも、パチスロは所詮確率です。設定が高い台というのは、それだけチャンスが多いということで、勝つためには高設定をつかむことが大切です。

スロットの高設定は、機会割が高いので勝ちで終わる確率が高い。つまり、機会割が高い台を打つ立ち回りが正解ということです。

ゾーン狙いや天井狙い

高設定台以外にもゾーン狙いや天井狙いをする立ち回りは、かなり有効です。当たりが確定している「天井」や、当たりが濃厚な「ゾーン」は機会割がとても高いので、見つけたなら打ったほうがいい台もあります。臨機応変に機会割が高い台を打つ。これが勝つ立ち回りであり、そのためには台の知識が必要なのです。

根本は機械割り。ヒキや波は一旦忘れて。

スロットの機械割りは、機種によって違いますが基本は設定3や4あたりからプラスになる台が多いです。つまり、逆に言うと設定1や2などの低設定をさけることで収支は大きなマイナスにはなりにくいということです。

当たり前なのですが、長くパチスロをしているうちに意外と忘れてしまっている人が多いのですね。いつしか設定のことは忘れて熱くなり、低設定台にお金をぶち込む。。。

ヒキや波にとらわれると、こういうことになりかねません。常に冷静に高設定台や、機械割の高い台を打つように心がけることが重要。ヒキや波はその後です。

まずは機械割り。そしてスパイスとしてヒキや波を楽しむような考え方を身に着けましょう。

そうすることで、長い目で見ると収支に大きな差となって現れてきます。

パチスロ情報

  • 攻略情報

  • 勝つための立ち回り

  • その他